180210「バブリーダンス」いい感じで進んでます!

今、私の体の中には、常に「ダンシング・ヒーロー」が鳴り響いている。

 

ひょんな事から観ることになった「バブリーダンス」。

登見丘高校ダンス部、見事だなぁ。

そんな私個人の感動を、かつて担任し、成長した6年生に届けたくて、

6年生を送る会の出し物としてこの曲を選び、4年生の子供達に提案しました。

「やりたくない」

「恥ずかしい」

「こんなの踊れないよ」

そんなネガティブな声からスタートしましょう。

そう、先日の教育座談会で糸井重里さんがおっしゃっていた言葉。

「広告は、見てもらえない〜という前提からスタートします」

それが心の片隅に残っています。

どうしたら「踊っても良いかなぁ」「思わず踊ってた」と思えるようになるか、

どっぷり考えることにしました。

 

ある日、短時間の学年集会を開き、そこで私から提案しました。

●番組を観て感動したこと

●ダンスそのものだけではなく、高校生達が真剣に取り組む姿に感動し、

そのカッコよさを4年生が体験し、そのパワーを6年生に届けたいと思っていること。

YouTubeを何度も何度も観て覚えている最中に閃いた。私より、もっとキレキレのダンスをおどれる人がいるじゃないか!!

 

反応は様々。

ノリノリ、ワクワクの子達。

「無理だよ〜」と拒否反応を示す子達。

 

そもそも教師からの提案でスタートする6送会なのだから無理もないこと。

だったらできるだけ、子供達の思いに寄り添いたい。

「わかった!確かに難しいよね。だから、苦手な子達にも踊れる簡単バージョンを

私が作るから、まずは一緒にやってみない!!??」

子供達もそう言われちゃ、とりあえず頷くしかないですよね。

 

その後、友達に教えるミニ先生を募り、次回の練習日を決めて解散となりました。

 

ミニ先生たちのモチベーションは相当高く、動画通りの出だしの振り付けを、

数日でマスターしてました。

それと並行して私は簡単バージョンのダンスを作り、

先週1週間かけてミニ先生に伝えました。

5クラス共にほぼマスターしたようです。

はじめは「ムリだよ〜!!!」と言っていた子達も、

ノリノリになってきて、ミニ先生でもないのに休み時間に特別練習に勤しんでいます。

 

このやり方、ムリがなくていい感じ。

途中、子供達の自然な反応を取り入れながらモチベーションを高めつつ、

一緒に作ってる感も味わっています。

 

さあ、来週はダンスに磨きをかけつつ、

平野ノラさん役を3名、動画通りに踊るダンスチームを決定していきます。

(あっ!!電話も作らなきゃ!!)

学年スタッフにも協力をいただきながら、

オトナもコドモも一緒になって楽しみながら進めていきます。

どうせやるなら「HAVE FUN」しましょ!!f:id:edujt2015:20180210214402j:image