180131 カードゲームは苦手な私

私は子供の頃からカードゲームが苦手でした。

妹にトランプをやろうよ〜と言われてもやりません。いたしません。

しかたなく妹は「1人スピード」や「1人しちならべ」をやってました。

ごめん!妹よ〜!

そんな私が教室にトランプやらオセロ、将棋、ウノなど、

たくさんのゲーム類を持ち込んでいます。

ねらいは子供たちをつなぐため。

3学期になって「犯人は踊る」を持ち込みました。

実は私、ルール知りません。

でも、気づいたら教室の一角で盛り上がっているグループができあがっていました。

「カードゲームってすごいな」「その魅力ってなんだろ?」

カードゲームが苦手な私は考えます。

そんな最近のできごとです。こんなことがありました。

「センセ〜犯人は踊るやる?」と子供に誘われたのです。

「ありがと〜でもルール知らないんだよ」

「じゃあ、教えようか?」

その子は私とペアになって、まずはお手本を見せてくれました。

とても優しく、とても丁寧に。

涙が出そうになりました。

こんなにも丁寧に教えてくれる。

「私はこんなに優しく丁寧に教えているだろうか?」

子供達に自分自身を振り返らせてもらいました。

相変わらずカードゲームは苦手な私ですが、

子供達をつなぐ大切なツールであることは、

まぎれもないと確信しています。f:id:edujt2015:20180131221601j:image