180414 仕方がないけど、軌道修正が必要です。

f:id:edujt2015:20180414194908j:image

連日連夜就寝時刻が日付変更線をこえてます。

ダメです。

良くないです。

もうこのリズムは今週でおしまいにしましょう。

来週からは自分のリズムを取り戻せるでしょう。

では、なぜこうなったか?

書けることと、書けないことがありますが、

やはり、いろいろな事が変わり、

それを子供達や我々働く側にとって納得のいくものかどうかを

吟味するには時間が必要です。

日々に追われ、振り返る余裕もなく次に進まなくてはならない

私達は、こうやって同じ事を長年繰り返してきています。

上からは確実に仕事が降ってくる。

現場も何かとやる事が増えている。

では、何で帳尻を合わせるか?

24時間は昔も今も変わりません。

自分の睡眠時間を減らすか、何かをやめるしか方法はありません。

仕事のやり方を工夫するのは当たり前。

あまりに効率化を追求すると、自分自身が孤立してしまいます。

教室も、職員室も、プライベートも笑顔でワクワクしながら

生きていきたい。

自分の頭で考えて、自分の足で自分の道を歩んでいきたい。

納得のいく人生を歩んでいきたい。

グチを言ったり、ネガティブなことを考えたりしているなんてもったいない。

私は毎日をワクワクしながら生きて生きたいなあ。

ああ、オランダに行って、この目で見てみたい!

180408 Life is adventure!

明日から新学期。

何度も何度も自分自身に問い直し、

私が何を大切にしたいかを確かめる。

今年は、「書くこと」を習慣化していきたい。

f:id:edujt2015:20180408205907j:image

では、覚書。

私は、子供達が幸せになるお手伝いをするために、この仕事をしている。
学び方を身につけ、学ぶことは面白いと感じられるような授業をしたい。
また、人と繋がる事が、楽しみ、喜びに感じられる環境をつくりたい。
ありのままの自分を表出し、
得意は生かし、苦手は助けてもらう。

そんな風に、緩やかに繋がれたらいい。
最後に、主体的に活動する事が、楽しい、面白いと感じられる場づくりに努めたい。

人から与えられるのではなく、自ら創りだすことの喜びを感じられるようにしたい。
私がジャッジを下すのではなく、子供達自身が考えられるようなクラスをつくりたい。

焦らない!
決めつけない!

教える
待つ

遊ぶ
見守る
つなぐ
広げる

 

一歩先の自分へ